トップ > 大学紹介 > 学位授与の方針 / 教育課程編成・実施方針

学位授与の方針 / 教育課程編成・実施方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

1.全学方針

科学と人間愛を教育の根本として、一般教養の上に専門分野の実践的な学問及び技術を修得し、地域社会等に貢献し得る優秀な人材を養成することを教育目的として、次の能力を身につけるよう教育課程を編成する。この教育課程における所定の単位を修得した学生に対して、卒業を認定し学位を授与する。

(1)全学共通の教養科目の履修を通して、社会的責任感、良好な人間関係、コミュニケーション能力、倫理観など、医療人として求められる教養を身につける。
(2)学修を通して、専門職として求められる専門知識、技術及び実践力を修得し、地域医療福祉に貢献できる力を身につける。
(3)学科・専攻課程の教育目的に基づく学修を通して、人間、医療福祉問題等を科学的、論理的に思考し、柔軟な発想による課題発見、解決のための知識、技術等を身につける。

2.看護学科

看護学科の教育目的に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修め、次の能力等を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

(1)豊かな人間性とコミュニケーション能力を身につけ、お互いの立場を尊重した人間関係を構築できる。
(2)一般教養と看護領域の専門知識、技術及び実践力をもつ。
(3)良識、倫理観と責任感をもち、患者、患者家族、チームを尊重し、責任をもって職務を実践できる。
(4)向上心と探求心をもって職務を実践できる。

3.リハビリテーション学科理学療法専攻

リハビリテーション学科理学療法専攻の教育目的に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修め、次の能力等を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

(1)豊かな人間性とコミュニケーション能力を身につけ、お互いの立場を尊重した人間関係を構築して、理学療法を実践する。
(2)一般教養と理学療法領域の専門知識、技術及び実践力をもつ。
(3)良識、倫理観と責任感をもち、患者、患者家族、チームを尊重し、責任をもって職務を実践できる。
(4)向上心と探求心をもって職務を実践できる。

4.リハビリテーション学科作業療法専攻

リハビリテーション学科作業療法専攻の教育目的に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修め、次の能力等を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

(1)豊かな人間性とコミュニケーション能力を身につけ、お互いの立場を尊重した人間関係を構築して、作業療法を実践する。
(2)一般教養と作業療法領域の専門知識、技術及び実践力をもつ。
(3)良識、倫理観と責任感をもち、患者、患者家族、チームを尊重し、責任をもって職務を実践できる。
(4)向上心と探究心をもって職務を実践できる。

5.リハビリテーション学科視機能療法専攻

リハビリテーション学科視機能療法専攻の教育目的に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修め、次の能力等を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

(1)豊かな人間性とコミュニケーション能力を身につけ、お互いの立場を尊重した人間関係を構築して、視機能療法を実践する。
(2)一般教養と視機能療法領域の専門知識、技術及び実践力をもつ。
(3)良識、倫理観と責任感をもち、患者、患者家族、チームを尊重し、責任をもって職務を実践できる。
(4)向上心と探究心をもって職務を実践できる。

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

1.全学方針

人間愛と社会生活に求められる教養、倫理、責任感及びコミュニケーション能力を修得し、医療技術者としての専門知識、実践力及び課題解決能力を身につける。

(1)社会生活に求められる教養、倫理、責任感及びコミュニケーション能力を身につけるため、全学に総合教育科目を配置する。
(2)専門教育科目は、専門職の基礎知識である人体、疾病などの専門基礎を学び、それぞれの学科・専攻課程ごとに、次のとおり専門知識・技術及び実践力を修得する科目を配置する。

2.看護学科

専門教育科目

(1)看護の基礎知識と能力を修得するため、人体の理解、疾病及び社会構造などの科目を配置する。
(2)看護の領域の系統別に科目を配置し、それぞれの専門知識・技術を発展的に高めるようにする。
(3)看護の領域ごとに、知識応用力、専門職コミュニケーション能力を修得し、実践能力を高める実習科目を年次段階的に配置する。

3.リハビリテーション学科理学療法専攻

専門教育科目

(1)理学療法の基礎知識と能力を修得するため、人体の理解、疾病及び社会構造などの科目を配置する。
(2)理学療法の領域の系統別に科目を配置し、それぞれの専門知識・技術を発展的に高めるようにする。
(3)理学療法の領域ごとに、知識応用力、専門職コミュニケーション能力を修得し、実践能力を高める実習科目を年次段階的に配置する。

4.リハビリテーション学科作業療法専攻

専門教育科目

(1)作業療法の基礎知識と能力を修得するため、人体の理解、疾病及び社会構造などの科目を配置する。
(2)作業療法の領域の系統別に科目を配置し、それぞれの専門知識・技術を発展的に高めるようにする。
(3)作業療法の領域ごとに、知識応用力、専門職コミュニケーション能力を修得し、実践能力を高める実習科目を年次段階的に配置する。

5.リハビリテーション学科視機能療法専攻

専門教育科目

(1)視機能療法の基礎知識と能力を修得するため、人体の理解、疾病及び社会構造などの科目を配置する。
(2)視機能療法の領域の系統別に科目を配置し、それぞれの専門知識・技術を発展的に高めるように配置する。
(3)視機能療法の領域ごとに、知識応用力、専門職コミュニケーション能力を修得し、実践能力を高める実習科目を年次段階的に配置する。


このページのトップへ戻る