トップ > 大学紹介 > 大学概要・沿革

大学概要・沿革

平成医療短大は医療機関から生まれた学校だからこそ実現できる実践的な専門教育と生きた精神があります

大学概要

特色

本学は、母体である医療法人社団誠広会が、岐阜県内におけるリハビリテーション充実のため、昭和59年に開校した「岐阜リハビリテーション学院」がルーツです。以来、時代が求める医療分野のスペシャリスト育成機関として地域に貢献してまいりました。こうした伝統と実績を継承しつつ、さらに施設設備や講師陣を充実させて平成医療短期大学は開学しました。したがって本学では国家試験合格のためのノウハウや、さらに医療分野では最も重要な臨床実習における協力医療機関の確保に関して確かな実績を持っています。
特に関連施設である平野総合病院や岐阜リハビリテーションホーム、岐阜中央病院などによってしっかりとバックアップされています。また、本学にはこうした関連施設が隣接しており、日常的に医療や福祉の現場に触れることが出来る恵まれた教育環境があります。このように、未来の自分を常に身近に感じながら、初心を忘れずに学び続けることが夢の実現への近道と言えるでしょう。

教育課程編成の基本方針

本学では、知識、技能の修得は勿論、幅広い教養を身に付け、多様化する社会に順応できる医療従事者を育成するために、人間、社会、文化、語学などの分野からも必要な知識を学びます。また、医療に携わる者として不可欠なコミュニケーション能力や、社会人としての基盤構築のための分野も学びます。そして、それぞれの分野は関係する科目群により編成しています。
さらに、各専門分野の科目については学術的に系統立てて編成した上で、それぞれが体系的な学問として学ぶことができるように細分化して配置しています。
このように、医療に携わる者としてだけでなく、ひとりの社会人としても資質を磨き、高度化・多様化する医療の現場に順応できる医療従事者の育成を目指します。

養成する人材像

医療従事者として必要な、確かなコミュニケーション能力の養成
看護師や理学療法士は医療サービスを行う一種のサービス職でもあります。したがって患者様に最善の医療サービスを提供するためには、病気や障害に関する知識技術の修得だけではなく、患者様は勿論ご家族や周囲の皆様の思いをしっかりと受け止めることができる豊かな人間性が大切です。本学では、そのために必要な確かなコミュニケーション能力を備えた人材を養成します。
医療に対する研究心や向上心を持ち、技術に秀でた医療従事者の養成
在学中には、生涯にわたる学びの方法や、臨床現場に即したきめ細かな医療技術を、臨床経験豊かな教員から学ぶことが出来ます。また、関連医療機関のバックアップにより常に最先端の医療知識も身に付けることが出来ます。このように恵まれた教育環境により、患者様の状況を的確に判断し適切な対応をすることが出来る、常に旺盛な研究心と向上心をもった医療従事者を養成します。
地域医療、福祉サービスに貢献できる人材の養成
医療従事者にとって、患者様だけでなく地域の皆様の健康で快適な生活を考えることも大切な使命ではないでしょうか。本学では医療の発展や高齢化社会の到来といった医療環境の変化に対応し、地域住民の皆様の健康の維持、回復、増進活動や疾病予防活動、或いは福祉サービスなど地域医療を通じて社会に貢献できる人材を養成します。

沿革

昭和59年 医療法人社団誠広会 岐阜リハビリテーション専門学院設立(入学定員20名)
昭和63年 岐阜視能訓練専門学院 設立(入学定員30名)
平成元年 岐阜リハビリテーション専門学院 入学定員を増員(定員30名)
平成2年 岐阜リハビリテーション専門学院と岐阜視能訓練専門学院を統合し、平成医療専門学院に校名を改称。理学療法学科、視能訓練学科とする
平成3年

学校法人誠広学園に組織変更

平成4年理学療法学科 入学定員を増員(定員60名)
平成5年看護学科を開設(入学定員40名)
作業療法学科を開設(入学定員30名)
平成9年理学療法学科 入学定員を増員(定員80名)
作業療法学科 入学定員を増員(定員40名)
平成17年看護学科看護師2年課程通信制を開設(定員200名)
平成20年平成医療短期大学 設置認可
平成21年 4月平成医療短期大学 開学
平成22年 3月平成医療専門学院看護学科看護師2年課程通信制の廃止
平成23年 3月平成医療専門学院看護学科、理学療法学科の廃止
平成25年 9月平成医療短期大学リハビリテーション学科作業療法専攻、視機能療法専攻の設置認可
(入学定員各40名、3年制)
平成26年 4月平成医療短期大学リハビリテーション学科作業療法専攻、視機能療法専攻の開設

このページのトップへ戻る