トップ > 学科紹介 > リハビリテーション学科 作業療法専攻トップ > 本専攻の強み

リハビリテーション学科 作業療法専攻

本専攻の強み

1.作業療法専門領域を網羅した教員
作業療法は身体障害領域・精神障害領域・老年期障害領域・小児領域と大きく4つの領域に分けることができます。本学はその全ての領域での経験豊富な教員が揃っています。これは、授業内容の充実と進路相談、卒業後の安定した教育につながります。
2.就職率100%
本学の定員数40に対して、毎年全国から1200件前後の求人案内があります。近年の社会的情勢として就職氷河期と言われますが、作業療法では、そのようなことはありません。。
3.高い国家試験合格率(平成医療専門学院実績)
全国平均合格率が80%を下回る近年、本学においては過去20年間の長い歴史の中で95%以上を確保しています。
4.学生間の仲がいい
定員人数が40名ということもあるでしょうが、本学のイベント(新人歓迎会や体育祭、送別会など)では、3学年が一堂に会します。同級生は勿論、先輩後輩の仲も良く、勉強の教えあいや交歓会での楽しみなど、充実したキャンパスライフを送っています。楽しく、仲良く学べます。
5.メリハリある教育
卒業後は即戦力となる質の高い専門家を養成することが本学のアドミッション・ポリシーであるため、知識・技術の習得は勿論、人間性を養うことにも重きを置いています。それ故、時に厳しく、時に楽しく、メリハリある学生生活になることは間違いありません。自分自身を高めたいという志が高い人はぜひ、本学へ!
6.学生時代から豊富な経験を積みます
本学には系列施設が複数あります。総合病院から老人保健施設、訪問看護ステーションなど、作業療法士が活躍するフィールドが傍にあるため、実習やボランティアなど、様々な経験を身近に得ることができます。系列病院のみならず、様々な施設での取り組みに積極的に参加しています。この経験は卒業後も必ず生きることでしょう。

このページのトップへ戻る