トップ > 学科紹介 > リハビリテーション学科 作業療法専攻トップ > 在学生からのmessage

リハビリテーション学科 作業療法専攻

在学生からのmessage


  • 庄子 莉香子さん
    出身校:犬山南高校
    この学校に入って『作業療法士』という仕事に改めてとても魅力を感じました。各授業や演習においては、実習を模擬体験する「評価学実習」、学生同士で実習体験を報告する「セミナー」など、知識・技術・コミュニケーションスキルを学ぶことができるよう学習体制が整っています。授業では新しいことばかりで覚えるのがとても難しいですが、先生方が熱心に楽しく指導をしてくださるので、自然と自分も楽しくやる気をもって講義を受けることができます。将来は患者さんの幸せを築くサポートができるような、そんな素敵な作業療法士になりたいと考えています。

  • 鈴木 啓也さん
    出身校:岐阜総合学園高校
    この学校に入学して1年が経ちました。高校生の頃までの環境とは全てが異なり、始めは慣れるだけで必死でした。勉強はとても難しく、また量も多いので、一夜漬けでは対応できず、日頃からの積み重ねが大事だということを学び、今は仲間と一緒に勉強や課題に大変ながらも楽しく頑張っています。また、この学校は勉強のみではなく、人間としての成長への指導がとても充実していて、地域社会への貢献活動を通して様々な学びを得ています。人の役に立つ仕事をするためには、知識だけではなく、人間としても成長できるよう努力していきたいと思っています。

  • 川合 綾乃さん
    出身校:木曽川高校
    私は県外から一人で岐阜に入学したため、生活のことや学校のこと、勉強のことなど、いろんなことに不安を抱えていました。しかし、入学後すぐから多くの仲間達に巡り会え、とても充実した日々を送っています。高校までの勉強と違い、グループワークやボランティア活動など様々な活動を通して、仲間との交流や勉強に勤しんでいるので、あっという間に時間が過ぎていくことに驚くほどです。先輩後輩のつながりも多く、わからないことを相談し合える関係に感謝しながら、今度は私が後輩を支えてあげられる逞しさを身に付けていきたいと考えています。

このページのトップへ戻る