トップ > 学科紹介 > リハビリテーション学科 視機能療法専攻トップ > カリキュラム

リハビリテーション学科 視機能療法専攻

教育カリキュラム ※カリキュラムは変更になることもあります。

科目区分 授業科目の名称
総合教育科目 教養教育科目



生物学
物理学
化学
情報科学
人間工学
環境と人間
小計(6科目)




社会学
人間関係論
ボランティア論
哲学
教育学
心理学
生命倫理学
小計(7科目)
基礎教育科目








基礎演習
文章表現法
コミュニケーション学

小計(3科目)


英語T(教養英語)
英語U(日常英会話)
英語V(専門英語)
ドイツ語
中国語
小計(5科目)
専門教育科目 専門基礎科目



解剖学T(骨・筋肉・循環・内分泌・消化器系等)
解剖学U(神経系)
小計(2科目)




生理学T(動物的機能)
生理学U(植物的機能)
小計(2科目)




人間発達学
保育学
小計(2科目)















病理学概論
健康と保健
幾何光学
医療統計学
一般臨床医学
神経内科学
精神医学
臨床心理学
小計(8科目)











視器の解剖と生理学T(眼球・眼球付属器他)
視器の解剖と生理学U(視路・眼運動系他)
視器の病理学
視覚生理学T(基礎)
生理光学T(基礎)
視機能検査学概論
視機能検査学T(眼科一般検査)
視機能検査学U(眼位検査)
視機能検査学V(両眼視機能検査)
小計(9科目)

保リ
健ハ
医ビ
療リ
福テ
祉ー
とシ
視ョ
能ン
障の
害理
の念
  
	
公衆衛生学
社会福祉学
医療安全管理論
医学概論
障害者概論
視覚障害リハビリテーション
小計(6科目)
科目区分 授業科目の名称
専門教育科目 専門科目





視機能療法学概論
基礎視機能矯正学T(眼球運動、他)
基礎視機能矯正学U(眼位・両眼視)
視覚生理学U(応用)
生理光学U(眼球光学)
生理光学V(屈折・調整)
薬理学
基礎視機能矯正学特論T(解剖と生理、視覚生理)
基礎視機能矯正学特論U(生理光学)
視機能療法学実験研究
医療情報学
小計(11科目)




視覚生理学演習T(視野検査他)
視覚生理学演習U(電気生理)
生理光学演習T(屈折検査)
生理光学演習U(屈折矯正)
眼薬理学
視機能検査学演習T(眼科一般検査)
視機能検査学演習U(両眼視機能検査)
視機能検査学演習V(眼位検査)
視機能検査学演習W(眼運動系検査)
画像診断学
小計(10科目)




眼疾病学T(眼球、眼球付属器他)
眼疾病学U(遺伝性眼疾患、小児眼疾患他)
神経眼科学
視機能障害学T(神経疾患、前眼部疾患他)
視機能障害学U(網脈絡膜疾患、視路疾患他)
視機能障害学特論
小計(6科目)




視機能療法関係法規
視機能訓練学概論
視機能訓練学T(視機能訓練学、基礎)
視機能訓練学U(視機能訓練学、斜視)
視機能訓練学V(視機能訓練学、弱視)
視機能訓練学W(視機能訓練学、ロービジョン)
視機能訓練学X(視機能訓練学、総括)
視機能訓練学演習
視機能訓練学特論T(基礎)
視機能訓練学特論U (応用)
小計(10科目)



臨地実習T
臨地実習U
小計(2科目)

卒業要件及び履修方法

卒業要件は、3年以上在学し、かつ98単位以上の単位を修得したこととする。
履修方法は以下の通り。

・総合教育科目
15単位以上(必修6単位、選択9単位以上)
・専門基礎科目
33単位(必修33単位)
・専門科目
50単位以上(必修49単位、選択1単位以上)

このページのトップへ戻る