トップ > 学科紹介 > リハビリテーション学科 視機能療法専攻トップ > 在学生からのmessage

リハビリテーション学科 視機能療法専攻

在学生からのmessage


  • 末松 颯さん
    出身校:岐阜総合学園高校
    僕はお世話になった視能訓練士の先生方に薦められたことと、オープンキャンパスへ行った際の学校の雰囲気が良かったことからこの学校を選びました。勉強が大変だということを事前に聞いていたため入学前は少し不安でしたが、周りには同じ目標を持った仲間がいて、支えあい前進していくことができています。また、高校の時とは違い90分の授業や、講義が中心で専門的な内容の授業等、最初は慣れないことが多くあります。不安に思うことも多々ありますが、将来医療人として現場に出た時に、誰かに必要とされるような視能訓練士を目指して日々研鑽を積んで行きたいと思っています。

  • 冨田 大夢さん
    出身校:大垣商業高校
    私は5才から9才まで視能訓練を受け、「将来、視能訓練士になりたい」と思い、国家試験合格率が高いこの学校を選びました。勉強が大変だということは覚悟していたので、入学して仲間と共に日々切磋琢磨して過ごしています。多くの人との出会いや学校で学んだ知識は、私の人生の中でとても濃いものになりました。目標がはっきりしている為、努力が無駄になることはないので頑張った分、自分の力になります。まだまだ学ぶ事はたくさんありますが目標に向かって頑張りたいです。

  • 竹地 佑真さん
    出身校:加茂高校
    私がこの学校を選んだ理由は、視能訓練士を育成している学校として歴史が長く、信頼のある学校だと思ったことと、日本で唯一の短期大学であるということです。専門的なことを学ぶため、覚えることも多く、大変だったこともたくさんありましたが、親身になってくれる先生方や、がんばっている友人達と互いに支え合いながらここまでがんばることができました。これから長期間の臨地実習や国家試験などがあり大変なことが多いですが、患者さんに信頼される立派な視能訓練士になれるよう日々向上心を持って勉学に励んでいきたいです。

このページのトップへ戻る