トップ > お知らせ > 他職種連携教育を行いました

他職種連携教育を行いました

今月の始め、本校にて4年目となる多職種連携教育を行いました。

今年は5校の参加(昨年までは3校)となり、平成医療短期大学各科2年生、岐阜薬科大学4年生、岐阜大学医学科4年生、岐阜市立女子大学食物栄養学科2年生 朝日歯科衛生士専門学校3年生の学生、総勢400人を超える学生が本校に集まり、共同特別講義を行いました。
多職種連携教育とは、多様な医療専門職を目指す学生が協働して、ひとりの患者の診断、治療、ケアを検討する重要性を認識できることを目的として、他の職種の学生たちと約6人のグループとなって、患者の1ヶ月後の退院に向け患者本人や家族にとって、必要な治療、ケア、調整などを、グループで話し合うという課題をこなします。

今年は岐阜新聞の方も取材に来学されました(11月22日朝刊にて報道)。
来年はもっと規模が大きくなる予定です。


このページのトップへ戻る