トップ > お知らせ > 医療法人社団誠広会の民事再生手続と学校法人誠広学園について

医療法人社団誠広会の民事再生手続と学校法人誠広学園について

 医療法人社団誠広会の民事再生手続きについて、グループ施設であり皆さんに心配をおかけしております。このため、学校法人誠広学園の平成医療短期大学経営や実習施設の確保などについて心配するご質問がありました。
 本学園は、学校法人の目的である「学校基本法及び学校教育法に従い、教育を行うこと」を権利能力として、引き続き健全な経営を行い、医療福祉等に貢献できる人材教育に邁進してまいりますので、ご理解をお願いします。

◎ 学校経営について

 学校法人誠広学園は、私立学校法による独立した学校法人で、健全な経営を行っており、今後も中期財務計画で引き続き健全性を保ち平成医療短期大学を運営してまいります。
 学生の皆さんが医療職として活躍する目的を達成するため、主体的学びの助長や実践的教育のための、アクティブラーニング仕様の校舎の増築、機器整備を行うなど、平成30年度に向けて一層の教育環境の向上を進めています。

◎ 実習施設について

 各学科・専攻の実習施設については、県内外の多くの医療福祉施設に実習をお願いし各施設の臨床教授等と連携のうえ教育成果の向上に努めております。
 また、実習施設からの評価調査を行い、実践的な実習の教育向上を図っております。
 平成30年度実習施設計画を、全学の学生が確実に実施できるよう編成しました。各学科・専攻の実習施設数は次のとおりです。

○ 看護学科/49実習施設

○ リハビリテーション学科
  理学療法専攻/123実習施設
  作業療法専攻/54実習施設
  視機能療法専攻/16実習施設


このページのトップへ戻る