トップ > 特色ある教育

特色ある教育

全学(看護学科、リハビリテーション学科)共通

本学は看護学科、リハビリテーション学科理学療法専攻・作業療法専攻・視機能療法専攻を有する医療系の短期大学です。家庭的な雰囲気の中、「職種を越えた学科・専攻間との繋がり」を大事にして、「チーム医療人の育成」を目指した特色ある教育を行っています。

1.「チーム医療」を実践できる医療人の育成

(1) 多職種連携教育の実践

  • ● これからの地域医療・福祉では、患者さんを中心として、医師をはじめ医療専門職がチームを作り治療・ケアを行う「チーム医療」が推奨されています。
  • ● このチーム医療の知識や技術を身につけた人材が、地域医療・福祉の現場で多く求められています。
  • ● 本学は複数の学科・専攻の合同講義や、様々な職種の教員から講義授業を受けることができる「多職種連携教育」を実践しています。
  • ● 多職種連携教育を通じて、互いの仕事を尊重しながら多職種と連携して働くチーム医療の方法を身につけることができます。
  • ● 例えば、脳卒中の急性期看護では、早期からのリハビリテーションを考慮した看護が実践できるようになります。

(2) 他大学との連携教育

  • ● 岐阜市内の大学・短期大学(医学部・薬学部・栄養学科など)と提携して多職種連携教育を行っています。
  • ● MMeCTE(エムメクティ;多職種メディカルケアチーム医療教育)と呼ばれるこの大学間の多職種連携教育は、全国的にみても大変珍しい取り組みです。

(3) MMeCTEに参加した学生の声

  • ● 他の職種が持つ知識や視点の違いなどを知る事ができる、とても良い機会でした。
  • ● チーム医療はとても大切だと感じました。患者さんのケアについて、1人では気づけない事も、色々な職種そして他大学の学生から意見を聞くことで考えに幅ができました。

本学の学生と他大学の学生が1つのグループになってディスカッションをしています

2.関連法人施設との連携

  • ● 関連法人である平野総合病院、介護老人保健施設 岐阜リハビリテーションホームが隣接しており、地域医療・福祉の場面を日常的に間近で感じることができます。
  • ● これらの施設とは、実習施設として密接に連携しています。

3.双方向対話型教育支援システムの導入

  • ● 「双方向対話型教育支援システム」とは、教員からの問題や質問に対し、学生が各座席にある端末(クリッカー)で回答すると、その結果が教員のパソコンで即座に集計され、教員は学生の理解度に応じて授業を進めることができるシステムです。
  • ● 教員による一方通行の授業ではなく、学生が能動的に授業に参加し、理解促進・学習意欲の向上、自主学修時間の増加と結び付けることができます。

看護学科

4.理論と実践の有機的な連携

専門科目においては、講義と演習を組み合わせた科目を配置し、理論と実践の有機的な連携を図り、学生自らが主体的に考えて学習に取り組む能力と態度を養います。

5.オムニバス方式の授業

専門科目において、異なる専門分野の授業担当者がそれぞれの専門分野を教授し、互いに連携し合いながら、学習領域を専門的かつ網羅的に教授することを可能にしています。

リハビリテーション学科理学療法専攻

4.全教員で全学生を

理学療法専攻では担任制をとっています。そして全ての教員は全ての学生に関わっていきます。家庭的な雰囲気の中で,教員は勉強だけでなく学校生活を送る上での様々な悩みにも真摯に向き合っています

5.少人数グループでの演習科目

理学療法の技術を身につけるための演習科目では,少人数グループを複数の教員で教授する共同形式の体制を取っています。教員は学生個々の学習到達度を的確に把握し,学生の疑問をその場で解決していきます。

6.臨床現場で活躍している理学療法士による講義及び演習

必要に応じて,保健・医療の実務に携わっている理学療法士を招き,実践力を身につけます。現場の生の声が聞けるとともに,医療・福祉,そして理学療法士の仕事をより具体的にイメージすることができます。

7.情報通信技術(ICT)を活用した反転授業の導入

一部の講義では「反転授業」を行っています。本学や自宅にて,PCやタブレットで講義動画を見て予習をした上で講義に臨みます。講義では動画の内容について,自ら学んだ知識の確認や協同学習が行われます。事前に講義動画を見て予習をして「知識」の習得を済ませておくので,講義時間を「応用力」の習得に使うことができます。

8.最新機器の導入

歩行や立位,そして競技スポーツに特徴的な身体動作をコンピュータに立体的に取り込みながら解析することのできる「三次元動作解析装置(Locus 3D)」を導入しています。この装置を使用し,理学療法士にとって重要な身体動作について測定,分析する演習や研究を行います。演習科目や卒業研究を通じて,スポーツ分野の理学療法についても学ぶことができます。

三次元動作解析装置(Locus 3D)

リハビリテーション学科作業療法専攻

4.系統的・複合的授業

講義だけでなく演習を取り入れた系統的・複合的な授業を行っています。学内の講義、演習を経て2・3年次の「臨床実習」が円滑に進むよう、理論と実践を組み合わせた教育を実践しています。

5.オムニバス方式の授業

 

同一科目内において、複数の教員が関わり授業を展開することにより、幅広い視点を学ぶ機会となります。主に演習科目にてオムニバス形式が導入されており、実践力を高めるための重要な授業になります。

6.全教員で全学生を

作業療法専攻の教員は、担任やゼミを超え、全ての教員で全ての学生に関わっていく姿勢が特徴です。この関係性が学生の個別の成長を促進させ、卒業後も親しく関われる要因です。

リハビリテーション学科視機能療法専攻

4.系統的・複合的授業

講義だけでなく演習を取り入れた系統的・複合的な授業を行っています。学内の講義、演習を経て2・3年次の「臨地実習」が円滑に進むよう、理論と実践を組み合わせた教育を実践しています。

5.少人数教育

演習科目については、少人数グループを複数の教員で教授する共同形式を取り入れています。そうすることで、学生個々の学習到達度を的確に把握し、学生の疑問をその場で解決できる体制を整えています。

6.豊富な臨地実習先

平成医療専門学院からの実績で、臨地実習先が充実しています。特に専門分野である斜視・弱視患者が多く来院する施設での実習を受けることができ、実践的な知識と技術を学ぶことができます。


このページのトップへ戻る